ふるさと納税とは

ふるさと納税の寄付

ふるさと納税は自治体に寄付を行う制度で、どこの自治体に寄付するかは自由です。生まれ故郷でなくても親戚が済む自治体でなくても良いです。 そして寄付を行うと返礼品がもらえる事がほとんど。おいしいお肉やお米、それに家電品や旅行券などお礼の品は色々あります。

利用する人のほとんどは、返礼品で寄付する自治体を選んでいるようです。

税金の還付や控除が受けられて返礼品がもらえる!

ふるさと納税で寄付を行うと、所得税の還付や翌年の住民税の控除が受けられます。

年収600万円の人が所得税と住民税で年間40万円の税金を支払している場合を例にすると、ふるさと納税しない場合とふるさと納税した場合でこんな違いが出てきます。

ふるさと納税とは(ふるさと納税しない人の詳細)

↑「ふるさと納税をしない人」の場合は年間40万円ずつ税金を支払いします。

ふるさと納税とは(ふるさと納税した人の詳細)

↑「ふるさと納税をした人」の場合、この例では2017年に6万円のふるさと納税した事により、所得税と住民税で5万8千円分の控除・還付が受けられ、2018年の税額は34万2千円に減額されます。

「ふるさと納税しない人」と「ふるさと納税した人」の2年分の納税額を比較すると、「ふるさと納税した人」は2千円多く税金を支払いしましたが6万円分の返礼品がもらえます

ふるさと納税とは(ふるさと納税しない人の2年合計)

ふるさと納税とは(ふるさと納税した人の2年合計)

つまり、ふるさと納税は翌年の払う予定の税金を1年早く支払いする事によって、実質2千円で豪華返礼品がもらえるという考え方もできます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする